UQ WiMAX/WiMAXとは - UQ WiMAX エリア

Top > UQ WiMAX > WiMAXとは

UQ WiMAX/WiMAXとは

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

WiMAXとは(ワイマックスとは)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

WiMAX(ワイマックス、Worldwide Interoperability for Microwave Access)は、無線通信技術の規格の一つ。
高速通信(光・メタル)回線の敷設やDSL等の利用が困難な地域で、いわゆるラストワンマイルの接続手段として期待されている。近年は、高速移動体通信用の規格も策定されている。WiMAXは当初、中長距離エリアをカバーする無線通信を目的としており、WiMAXアクセス網は「Wireless MAN」(Metropolitan Area Network)と定義される。
WiMAXは異なる機器間での相互接続性確保の為、IEEE 802.16作業部会と業界団体のWiMAX Forumにより規格標準化が進められている。

WiMAX Forum

2001年6月に設立された業界団体である。WiMAX製品の相互運用性のテストや認定を行い、異なるメーカー間での通信を可能にする。会員は2004年12月中旬の時点で220以上の企業・団体である。

規格詳細

IEEE 802.16およびIEEE 802.16aをWiMAXと同義で扱う情報誌やWebサイトなどがあるが、IEEE 802.16a、IEEE 802.16dの両規格を整理・統合したものが、IEEE 802.16-2004規格でありこれを「WiMAX」とするのが正しい。
現在、IEEE 802.16-2004をベースとする固定通信(FWA:Fixed Wireless Access)向けと、IEEE 802.16-2004にハンドオーバー(基地局移動)に関する仕様を追加したIEEE 802.16eをベースとする「Mobile WiMAX」の2種類の規格が存在している。

WiMAXのセキュリティ機能

WiMAXでは、DESとその強化版である3DESによる暗号化機能を備えている。

問題点

全般

日本において、2.5GHz帯を携帯電話事業者が、3.5GHz帯を放送事業者が、そして5.8GHz帯を気象レーダーなどが既に使用している。
現時点において、Mobile WiMAXは利用を想定している電波周波数帯があいまいである事や、電波に空きが無いか免許を必要とする周波数帯と重なっているなど課題がまだある
一部報道ではFWA向けのIEEE 802.16-2004(WiMAX)と、移動体向けのIEEE 802.16e(Mobile WiMAX)の仕様を混同して扱っているものが見られる。

固定

日本では既に高速通信回線が普及しており、特に都市部で普及するかは未知数である。
東北総合通信局により、山間部や離島といった有線によるブロードバンド環境の敷設が困難な地域に対しての解決策として、WiMAXによる回線の提供実験が行われる見通し。


UQ WiMAX関連記事一覧


ホーム 一覧 最終更新 リンク元
Last-modified: Tue, 17 Feb 2009 01:57:41 JST (3103d)