UQ WiMAX/海外の WiMAX はどうなっている? - UQ WiMAX エリア

Top > UQ WiMAX > 海外の WiMAX はどうなっている?

UQ WiMAX/海外の WiMAX はどうなっている?

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

いよいよ 2/26 から日本でも始まる モバイル WiMAX サービスだが、海外ではどのような状況になっているのだろうか?

まずアメリカでは 2008/9/29 に Sprint Nextel がボルチモアでモバイル WiMAX の商用サービス "XOHM(ズーム)" を開始した。これまでアメリカ国内で実験的に"地域WiMAX"のサービスが行われていたが、アメリカの大都市では初めてのサービスインだ。

この "XOHM" の気になる接続スピードと接続料金、WiMAX のカードの値段は以下の表のとおりだ。

接続スピード平均 2M~4Mbps ( 下り )
料金1日使い放題$10
家庭のPCからの接続$35 ( 6ヶ月は $25 )
モバイル$45 ( 6ヶ月は $30 )
モバイル+家庭$50
接続端末サムソン製 Expressカード$59.99
ZyXel製 WiMAX-WiFi ルータ$79.99

まず接続スピード

この表にあるように平均 2M~4Mbit/sec となっており、UQ が HP で宣伝している 40Mbps の 10~20分の1 程度のスピードしか出ていない事になる。
一体どういうことなのか?
まずこの 2M~4Mbps という数値はサービス提供元の Sprint Nextel が公表した数値なので、街に出て測定した現実の数値であると思われる。
それに対し UQ が出している数値 40Mbps というのは、あくまでも モバイル WiMAX の規格上の最大転送レートであり、現実の数値ではない。( このことは UQ の HP の但し書きに書かれている )

転送レートはその使用環境によって大きく数値が変わるので、UQ の接続スピードも XOHM と同じになるとは限らない。また WiMAX は、MIMO という複数アンテナを利用して送受信する技術を用いており、MIMO は一般的に電波の散乱体が多い環境の方が電波の送受信が安定するので、ボルチモアよりも東京の方が安定的に高速な通信が行われる可能性があると思われる。
これは みんなでつくるUQ WiMAXマップ で徐々に明らかになっていくであろう。

次に月額料金

月額料金は大きく3タイプのメニューが用意されている。
1日だけ使い放題のメニューが 1日$10 ( 約1000円 ) だ。このメニューは国内の WiFi 接続「HOTSPOT 1DAY PASSPORT」でも提供されており、WiMAX でも1日だけの使いたいという利用形態を望む声もあると思われる。今後 UQ でもサービス提供してもらいたい形態だ。

次の「家庭のPCからの接続」というのは、自宅に引いている ADSL 回線を WiMAX でリプレースしてしまう、という目的のサービスメニューだ。この契約の場合月額 $35 ( 最初の6カ月は $25 ) で利用することが出来るが、外出してモバイル WiMAX を使用することは出来ない。
アメリカの ADSL の月額料金が、1.5Mbps(下り)/384Kbps(上り) で $40-$50 というサービスがざらのようなので、WiMAX で 2Mbps の転送レートで $35 なら十分 ADSL のリプレースとして魅力的なサービスにユーザの目に映るだろう。

外出先でも使用したい場合はモバイル接続のサービス ( On-The-Go ) を利用することになる。
このサービスが UQ で提供するサービスと等価のもので、UQ の \4,480- とほぼ同じ月額 $45 という 金額が興味深い。

また XOHM では、モバイル+家庭両方で WiMAX を利用するメニューもあり、これが月額 $50 だ。
モバイルだけの契約と大した価格差ではないので、これを機会に「一気に WiMAX 化」する家庭も多いのではないだろうか?

接続端末

接続端末は、アメリカの方が安い。
UQ の端末が \12,800~\13,800- であるのに比べて、$59.99 であり約半額である。
XOHM であれば、UQ の端末一つのコストで、モバイル+家庭用の Express カードと WiFi 付き WiMAX ルータを購入することが出来る計算になる。
アメリカではノートPC に WiMAX 端末が搭載されている機種も出てきているので、価格が下がっているという側面があるのかもしれないが、日本国内のメーカも努力して端末価格を下げていく方向でお願いしたい。

まとめ

以上みてきたように、モバイル WiMAX のサービス価格自体は日本とアメリカの差はあまりないが、端末価格は倍近い価格差があることが分かった。
また WiMAX に対しての期待が日本とアメリカでは違っていることが分かった。
日本で WiMAX といえば、HSDPA や次世代PHS とならぶ「ワイヤレスブロードバンド」の一つというとらえ方であるが、アメリカでは「ポストDSL」の期待という側面が大きいようである。

明日開通セレモニーが行われる UQ WiMAX に期待したい。

参照

UQ コミュニケーションズ
http://www.uqwimax.jp/

XOHM
http://www.xohm.com/

Xohm WiMax launches in Baltimore
http://www.computerworld.com/action/article.do?command=viewArticleBasic&articleId=9115780


ホーム 一覧 最終更新 リンク元
Last-modified: Wed, 25 Feb 2009 11:22:47 JST (3009d)